ABOUT

ニンナ・ナンナについて

『富谷市の住宅街にひっそり佇む
街の小さなタルト専門店です』

ninna nanna

ニンナ・ナンナは1999年に仙台市青葉区堤通雨宮町(旧東北大学農学部近く)に創業したタルト専門店です。 創業時のお店の前にあった農学部の敷地内に「ひつじ」が放牧されており、その「ひつじ」を眺めながら「ゆったりとした時間を過ごしてほしい」という気持ちからイタリア語で「子守歌」を意味する「ninna nanna/ニンナ・ナンナ」という店名をつけました。

2014年に現在地(富谷市上桜木)に販売店舗を移転OPENいたしました。現在の地でも地域の皆様をはじめ、遠方からもタルトを買いにきてくださるお客様も多数いらっしゃいます。

常時15種類以上のタルトをはじめ、ふわふわのシフォンケーキや、焼き菓子、お誕生日のホールケーキなど、ひとつひとつを丁寧にパティシエールが作り上げています。 食べた方がほっと幸せになれる時間を味わって頂けるように、お菓子作りに込める「やさしい味わい」を心がけています。

             
タルト

奇をてらわず『やさしい味わい』の
絵本に出てくるようなお菓子作り

タルト専門として常時15種類以上のタルトをはじめ、フワフワのシフォンケーキ、よりバターのコクが味わえる発酵バターを使用した焼き菓子などを販売しております。

お菓子作りで心がけていることは、シンプルに、丁寧に。一つ一つ大事に作り上げているお菓子はどこか懐かしい、優しい気持ちになる長く愛されているお菓子達です。

             
タルトショーケース

タルトで感じる季節の訪れ
旬のフルーツで彩るショーケース

季節によっていろいろなタルトが登場します。タルトを通じて季節の移り変わりを楽しんでいただけたらと思います。食材には富谷市の名産「ブルーベリー」や、市内にある宮城県内最古の酒蔵「内ケ崎酒造店」さんの「酒粕」など地元の食材を使用したメニューもございます。

オーナーパテシエ

オーナーパティシエール

尾形 美樹

エコールキュリネール国立卒業後、仙台市の洋菓子店で修業。 その後、1999年「ninna nanna」オープン。 子育てを通じて新しい視点からアイデアをもらい、お菓子作りを楽しんでいます。 いろいろなジャンルの美味しいものの食べ歩きが趣味です。 その中から新しいお菓子のアイデアも。

スタッフ

スタッフ

尾形 信也

接客中のお客様との会話から面白そうなアイデア(無理難題)をパティシエールに伝え、商品化してもらっています。 珍しい食材や、新しい食材探しに行くのが楽しみです。 顔が濃いのでお客様から度々「沖縄方面のご出身ですか?」と聞かれますが、静岡県生まれです。

SHOP

お店の情報

ninna nanna | ニンナ・ナンナ

〒981-3328 宮城県富谷市上桜木1-40-9
【営業時間】平日 10:30~18:30/土日祝 10:30~17:00
【定休日】不定休

お客様へ

当店のお菓子類はすべて職人による手作りのため、製造できる数に限りがございます。 ご来店の際には事前のご予約をおすすめしております。